めざすは美白。

しわやたるみを改善

笑顔の女性

フェイスアップをすることは、しわやたるみなどの肌のトラブルを抱えている顔を改善して小顔にすることができ、自然と目も大きく見せることができます。
特に、年齢を重ねるとしわやたるみなどで顔全体が老けてしまうので、そうした悩みを美容外科で施術を受けて解決できます。
しわやたるみが発生すると、実年齢よりも老けて見えてしまうことから、見た目を気にしてフェイスアップを検討する人が増えます。
フェイスアップができるフェイスリフトは、年々技術が進歩してきているので、肌への刺激を軽減しながら施術を受けられます。
年齢によって引き起こされるしわやたるみは、化粧水や乳液などでも未然に防ぐことができます。
若い頃から日々のスキンケアを怠らなければ、肌のターンオーバーも正常に行われて、年齢を重ねても若々しい肌を維持できるのです。

美容外科やクリニックで行うフェイスリフトをすることで、今よりも肌全体を引き締めてフェイスアップして小顔効果を期待できるようになります。
フェイスアップで小顔になれば、実年齢よりも若くみられるようになりますし、若い頃のような肌の状態を取り戻すことができるのです。
フェイスリフトでは、皮膚を引き上げるものと余計な脂肪を切除して皮膚のたるみを改善する方法があります。
メスを使って直接皮膚のたるみである脂肪を切除すれば、今後しわやたるみに悩まされることもないのです。
ですが、顔にメスを入れることに抵抗がある人は、フェイスリフトの中でも糸を使った引き伸ばしする施術を選択して肌を傷つけることなくフェイスアップできます。

若い頃は、ホルモンの分泌が盛んですが、年齢を重ねていくにつれて少しずつ身体の機能が衰えてしまいます。
その結果、免疫力や筋力が低下するとともに、肌の皮膚や筋肉も若い頃のような肌のハリを保つことができず、しわやたるみといった肌のトラブルが起こります。
加齢とともに目立ってしまうしわやたるみは、年を重ねると更に増えてしまいます。
しわやたるみのせいで年齢よりも老けてしまうことは、見た目に自信を持てなくなります。
ですから、若い頃のような肌を取り戻すためには美容外科や美容クリニックでフェイスリフトの施術を受けるのがいいでしょう。そうすれば、顔全体の皮膚を引っ張り上げてフェイスアップができます。

フェイスリフトの施術には、メスを使う施術と使わない施術があります。これは、フェイスアップを望むのならどちらかの施術方法を選ばなければなりません。
メスを使う施術なら余計な脂肪を切除することができるので、フェイスアップの方法としては一番良い方法といえます。
切るフェイスリフトの施術だからといって傷が目立つというわけではなく、顔の目立ちにくい部分からメスを入れて脂肪を取り除いていきます。
その為、皮膚の中の脂肪を直接取り除けるので、皮膚のたるみを減らしてフェイスアップできます。
切るフェイスリフトの代表的なものとしては、頬のたるみを引き上げることによって肌全体のフェイスアップを目指すものです。
通常よりも脂肪が多い方はフェイスリフトだけではなく、脂肪吸引や脂肪溶解注射を行うことで確実に顔の脂肪を減らすことができます。

若返りをすることができる

両手で顔を包む女性

小顔になるためには、エステやレーザーなどの施術をするよりも、フェイスリフトによるフェイスアップが早く効果を実感できます。
一回の施術で小顔効果を得らえるので、何回も施術を受ける必要もなく理想の小顔になることができます。

詳細を確認する

高度な技術を駆使する

肌のツヤがある女性

年を重ねると、皮膚や筋肉の力が弱まってしまい、肌のしわやたるみが少しずつ目立って肌で年齢を感じさせてしまいます。
フェイスリフトの施術なら、高度な技術を用いて糸やメスを使い、肌を引き上げることで顔全体を若返らせることができるのです。

詳細を確認する

切る施術と切らない施術

両手で頬を触る女性

フェイスアップするための方法としては、フェイスリフトがあります。この方法は、大きく分けて切る方法と切らない方法があります。
切る施術と切らない施術では違いがあるので、それを把握してからどちらの施術を受けるのか判断することができます。

詳細を確認する