高度な技術を駆使する

肌のツヤがある女性

若い頃は、ホルモンの分泌が盛んですが、年齢を重ねていくにつれて少しずつ身体の機能が衰えてしまいます。
その結果、免疫力や筋力が低下するとともに、肌の皮膚や筋肉も若い頃のような肌のハリを保つことができず、しわやたるみといった肌のトラブルが起こります。
加齢とともに目立ってしまうしわやたるみは、年を重ねると更に増えてしまいます。
しわやたるみのせいで年齢よりも老けてしまうことは、見た目に自信を持てなくなります。
ですから、若い頃のような肌を取り戻すためには美容外科や美容クリニックでフェイスリフトの施術を受けるのがいいでしょう。そうすれば、顔全体の皮膚を引っ張り上げてフェイスアップができます。

フェイスリフトは、高度な技術を駆使してフェイスアップを行うので、皮膚を引き上げるためにメスを使っても深く傷を残すことがありません。
現在では、フェイスアップするために切る施術と切らない施術がありますが、切る施術でも傷はあまり目立たないので施術後の心配をすることなく、安心して施術を受けられます。
憧れのフェイスアップするために美容外科やクリニックへ訪れるときは、まず電話やインターネットで問い合わせして予約する必要があります。
フェイスアップのためのフェイスリフトは、施術を行なう箇所によって値段が異なっています。
ですから、自分に合う施術を受けるためには、最低でも2、3店舗を候補に入れておくことで比較でき、どこで施術を受けるのがいいのかを判断できます。

予約をして来院する日が決まったら、まずは専門医とカウンセリングを行います。
カウンセリングの前に問診票を記入して、専門医はそれを見ながらカウンセリングを行なってくれます。ですから、詳しく記入しておくと専門医も患者のことを理解できるようになります。
専門医と話をするときは、分からないことはその都度聞いておきます。そのことを解決してから次の話に入ると、カウンセリングがスムーズに進められます。
カウンセリングで納得できる話ができれば、専門医を信頼して施術を受けるかどうかを検討できます。
専門医選びで一番大切なことは、患者に対してきちんと説明をして、施術が終わった後も責任を持ってアフターケアまで対応をしてくれるところがいいでしょう。

カウンセリングで納得ができれば、いよいよフェイスリフトの施術をする日を予約します。
予約した日に来院すると、施術を受ける前に専門医と最終カウンセリングを行います。
この時に、施術前で不安なことがあれば、そこで心の内を吐き出すことで施術を安心して望むことができるはずです。
フェイスリフトの施術で最初に行うことは、施術をスムーズに進める為に行なう局所麻酔です。
麻酔をすることで、フェイスリフトの施術で感じる痛みを無くして進めてもらうことができます。
クリニックや美容外科によっては、局所麻酔ではなく全身麻酔を行なっているところもあります。

施術後は、顔が腫れてしまうのでフェイスアップができたかの確認は難しいですが、時間の経過とともに少しずつ腫れが引いてきます。
麻酔が引いたら、少し痛みを感じてしまうことがあるので、痛み止めなどが処方されます。
これを暫くは、服用することで痛みを軽減しながら通常の日常生活を送ることができます。