切る施術と切らない施術

両手で頬を触る女性

フェイスリフトの施術には、メスを使う施術と使わない施術があります。これは、フェイスアップを望むのならどちらかの施術方法を選ばなければなりません。
メスを使う施術なら余計な脂肪を切除することができるので、フェイスアップの方法としては一番良い方法といえます。
切るフェイスリフトの施術だからといって傷が目立つというわけではなく、顔の目立ちにくい部分からメスを入れて脂肪を取り除いていきます。
その為、皮膚の中の脂肪を直接取り除けるので、皮膚のたるみを減らしてフェイスアップできます。
切るフェイスリフトの代表的なものとしては、頬のたるみを引き上げることによって肌全体のフェイスアップを目指すものです。
通常よりも脂肪が多い方はフェイスリフトだけではなく、脂肪吸引や脂肪溶解注射を行うことで確実に顔の脂肪を減らすことができます。

切る施術とは反対に切らない施術では、顔に傷を残したくない人に最適な方法です。
切らない施術ではメスを使うことがなく、基本的に様々な種類の糸を使ってフェイスアップを行なっていきます。
まずフェザーリフトの方法では、皮膚の現状維持をしながらフェイスアップして肌のハリを出すことができます。
糸を使って施術を行うため、切る施術よりもフェイスアップの持続時間がやや短めです。
ですが、肌への安全性を重視するなら切らない施術を選んだほうが肌への負担を軽減することができます。
また使われる糸は、溶けるものと溶けないものがあり、溶けるものだと1年の歳月で溶けてしまいますが、しわやたるみのためのフェイスアップの効果は数年続くとされています。

フェイスアップするために切る施術や切らない施術を行うことは、以前よりも顔を若々しくすることができるので、気持ちも自然と明るくなります。
ほうれい線などのしわやたるみは、顔に少しあるだけで老けた印象になってしまいます。
加齢を止めることはできませんが、フェイスリフトをすることでハリを取り戻し、若々しい肌にすることができるのです。
ですから、自分に自信をつけられるので外見的な変化の他に内面的な気持ちにも変化が訪れます。
フェイスアップによって自信を持てるようになれば、これからの人生は明るく過ごしていくことができるはずです。
肌そのものを若返えらせるフェイスリフトの施術は、日本全国でしわやたるみに悩んでいる人に向けて技術が発展しているので、自分に自信を持つ為にも施術を受けてみて下さい。